トレーニング

トレーニング

Contact

熟練したオペレータやメンテナンス技術者に生産ツールを最大限に活用していただくこと、これこそ当社がさまざまなレベルの専用コースを提供している理由です。学習に適した環境を提供するとともに、ユーザー施設や研究室の中断を最小限に留めるために、これらのクラスは、基本的に各地域の本部で開催されます。ボンダに関するトレーニングはWaterbury(米国)で開催され、コータ・システムおよびマスクアライナのクラスはGarching(ドイツ)で開催されます。ご要望に応じて、ユーザーニーズに合わせたトレーニングをお客様の施設で開催することも可能です。

セミナーの期間中、対話型の学習体験に参加していただき、運用、メンテナンス、トラブルシューティングをご担当される装置で学習内容を実践することができます。徹底したトレーニングができるように、実践トレーニング用の専用トレーニング室、デモ、トレーニングツールを準備しております。各参加者には、コース終了時にトレーニングフォルダと修了証が授与されます。

Make a Training Request

Level 1: Basic Course for Operators

Prerequisites: None
Participants: Operators, process engineers, service and maintenance personnel.
Content:
  • Knowledge of operation
  • Functions
  • Recommended daily and weekly preventative maintenance

Level 2: Maintenance Training

Prerequisites: Initial experience with the equipment and a good knowledge of procedures and functioning
Participants: Service and maintenance staff
Content:
  • Review of Level 1
  • Comprehension of basic settings
  • Knowledge of recommended standard maintenance and simple troubleshooting of equipment

Level 3: Advanced Service and Maintenance

Prerequisites: Excellent comprehension of procedures, functioning and simple settings
(Level 2).
Participants: Experienced service and maintenance staff
Content:
  • Review of Level 2
  • Enhanced maintenance skills
  • Advanced knowledge of troubleshooting and settings of equipment